代表者挨拶

Yamamoto

株式会社 RE-JAPAN

山本 拓

RE-JAPANという会社

元気な日本社会をつくるために、人が人を心から信じ合い、
協力していける社会をつくることを目的に設立しました。
日本は、先進国であるのに関わらず、うつや自殺など心の病をたくさん抱えた課題先進国と言われています。
どの国より、先に問題に直面する日本だからこそ、世界に先駆け課題を解決することで、
社会づくりのモデルを発信していくことができます。
そして、グローバル社会において、問題解決の先進国としての社会づくりをめざしています。 そのためにまず人と人、人と組織、組織と組織の関係性の中で起こる問題、
特に心の問題を社会の根幹である人財という切り口から考えていきたいと思っています。
「人の信頼と協力のチカラを最大化すること」が、RE-JAPANのめざすビジョン。 社会は人の集まりです。人の心と声が社会を変えていきます。
一人ひとりが社会に参画して、問題と向き合い取り組む社会をつくるため、
社会に対し当事者意識を持った人を一人でも多く輩出すること。
そして、問題意識を共有し、ともに協力し解決していくことで、人と人の信頼関係をつくること。
人は一人では、生きていけないからこそ、共に育み、共に生きる家族のような社会づくりをしたい。 一歩一歩、前進していけたらと思っていますので、
みなさまのご協力、ご支援の程、よろしくお願いいたします。
Suganuma

株式会社 RE-JAPAN

菅沼 周平

私たちは「人の信頼と協力のチカラを最大化すること」を目指しています。

「今の日本社会が抱える社会問題は、環境問題、原発問題、労働問題、自殺問題など、多岐にわたります。
その中でもRE-JAPANでは「人の信頼と協力のチカラを最大化すること」で人と人との関係性や、
個人の心の中のギャップに起因する社会問題の解決を担っていきます。
当面の事業内容としては、人生の大きな転機である「就職」の問題解決に取り組んでいます。
現在の仕組みでは学校で勉強してきたことと、
社会に出たら求められることのギャップに多くの若者が苦しんでいる現実があります。
そのため、日本社会は次世代を支える若者の社会進出に大きな問題を抱えています。
私個人の話としては「みんなが生き活き働けること」を何より大切にしています。
「生き活き」というのは誤字ではなく、自分自身が生き生き働き、そして周りの仲間やお客様など、
関わる人すべてが活き活き働ける、という想いを込めています。
「働く」=仕事ではありません。人が動くと書いて働く。ハタをラクにすると書いて働く。
働くこと=生きること。
そしてみんなが生き活き働くことは、「全方よし」の社会の実現につながります。
近江商人の言葉で「三方よし(売りよし、買いよし、世間よし)」がありますが、
生きていく=仕事をする上で、関わる人は三方だけではない、ということ想いから、
全方にこだわっています。
「全方よし」の難しさは、全方よしを語り始めて数年、日々痛感しています。
これから一歩ずつ、着実に貢献して参りますので、ご愛顧頂ければ幸いです。

会社概要

社名 株式会社 RE-JAPAN
代表者 代表取締役 山本 拓
代表取締役 菅沼 周平
所在地 〒540-0032 大阪市中央区天満橋京町2番15号 岡本ビル9階 A室
電話番号 06-6809-5089
事業内容 教育コンテンツの販売業 / 労務改善コンサルティング業 / 就職マッチング事業
設立 2013年5月20日
事業免許番号 職業紹介事業 27-ユー301594